インプラントの今

インプラントの情報です

格安インプラントで変わる歯根治療

かつてインプラントと言えば、審美性を保ちながら失った歯根を補うために有効な治療法ではあるものの、高額なために断念し、リスクを承知の上で他の治療法を選択した患者さんも少なくありませんでした。しかし、昨今では、技術革新や工法の見直し、仕入れや流通の工夫などで、コストダウンに成功し、決して限られた人だけが利用できる高額なものばかりではなくなりました。昨今では「格安インプラント」を掲げる歯科医院も登場し、多くの患者さんにとって身近なものになりつつあります。

インプラントの手術方法

インプラントの手術方法には、1回法と2回法があります。いずれの方法も基本的には無菌状態で手術が行われます。通常局部麻酔を行い、植立部分の粘膜を切開して、インプラントと同じ長さ、幅の穴を開けてから人工歯根を挿入します。一回法では、1度の手術で人工歯根を入れる方法です。歯根部と上部の構造の支台部が一体となった人工歯根を使用し、支台部が口腔ないに露出した状態で手術が終わります。その後は、人工歯根と骨が結合したらあとは歯科治療と同様に型を取り、支台部に人口の歯を装着します。

↑PAGE TOP