インプラントの進化

インプラントの技術向上

進歩するインプラント技術

インプラントは失われた歯根の代わりに人工の歯根を歯茎に埋め込みその上に人工の歯を装着する治療のことです。年々治療技術が進歩し患者さんの負担が減少し安全な治療に進化しています。たくさんの歯を失った場合は以前なら多くのインプラントを挿入していましたが、最近は少ない数でも歯を支えられることがわかってきています。また治療の計画を立てる時に必要なCT情報も歯科用CTの精度の向上で、実物に近い3次元画像が得られ安全な手術が行えるようになっています。今後も技術向上が期待できる施術の一つです。

↑PAGE TOP