歯周病とインプラント

歯周病とインプラントについて

インプラントは歯周病に注意

インプラント手術に使用する金属は、外科手術にも用いられる副作用の少ないチタンを使用していますので、金属アレルギーなど心配はありません。手術した後は自分の天然の歯と同じように、病気にかかると抜けてしまう恐れがある歯周病を防ぐことに注意しなければなりません。被せている歯は義歯ですので虫歯にはなりませんが、歯茎との間にプラークがたまってくると炎症が起こりやすくなります。自覚症状の少ないために早期発見が大切で定期的な健診は必要です。長く良い状態でインプラントを保つために丁寧な歯磨きなど口内ケアをおすすめします。

インプラントの副作用とは

インプラントの治療で用いる金属などを体に装着しても、副作用などがほとんどみられることがありません。顎の骨に作る土台に使われる金属は、チタンやチタン合金であり、人体に埋め込んでも金属アレルギーを引き起こすことがほとんどないようなものであるため、安心することができます。金属アレルギーが心配な人の場合は、事前にチェックしてもらうこともできるため、安心することができます。インプラント治療では、金属に取り付ける歯をオールセラミックスなどの非金属のものにできるため、アレルギーを気にしなくても大丈夫であり、たくさんの人が治療を行いやすいです。

↑PAGE TOP